広汎性発達障害, アスペルガー, ADHD, LD, 療育, 教育, 登校しぶり,名古屋

アスペルガー息子の療育記録

お迎え時の切り替えがスムーズに

お迎え時の切り替えがスムーズに

最近、HEROくんの様子で、急に改善したことがあります。

お迎えに行ったときの切り替えが速やかになったことです。

保育園のころから、
お迎えに行ってもなかなか帰ろうとせず、
あとから迎えに来たお母さんたちとともに
ほかの子がみんな帰ってしまって、
ようやく最後に帰るということが
日常茶飯事になっていました。

それは、小学生になって学童に行っても同じこと。
迎えに行ってから、30分待たされるようなことはザラで、
1時間以上も待たされることがよくありました。

2年生の3学期には、ようやく短くなってきたものの、
早くて10分、平均すると15~20分くらいはかかっていました。

この4月から、
名古屋市の小学校としては一番最後に設置された
トワイライトスクールにも週2~3日行くようになりましたが、
どういうわけか、トワイライトのお迎え時には、
最初からすぐに帰れるようになったのです。

しかも、それまでいくら自分の荷物を自分で持って出てくるように注意しても、
自分から荷物を持って出てくるという意識がほとんどなかったのに、
トワイライトでは、自分で持って出てきます。
(持ち物確認しないと、置き忘れもありますが・・・)

そうしたことが急に出来るようになったのは、
もしかしたら、周りの複数の子が一斉に同じ時間に帰り支度をする波に乗り、
追従しているうちにできるようになったのかもしれませんが、
ほんとうの理由はわかりません。

とにかく、トワイライトで切り替えできるようになったおかげで、
学童のお迎え時にも、自分で自分の荷物を持ち出し、
すみやかに帰宅するようになりました。

これまで、
帰宅の際の切り替えの場面がとにかく苦手で
迎えに行く側としては苦労し続けていたので、
とてもビックリな嬉しい変化です。

帰宅姿

コメント



認証コード2768

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional