広汎性発達障害, アスペルガー, ADHD, LD, 療育, 教育, 登校しぶり,名古屋

アスペルガー息子の療育記録

悲しいけれど

悲しいけれど

先日、ものすごくカンカン照りの暑いさなか、
HEROくんは学童の行事で、指導員引率のもと、愛知県警察署の見学に行きました。

家に帰ってどうだったか聞いてみると、「また行きたい」としつこく言い続けるほど楽しかったようでした。

そのことは良かったのですが、
その日のお迎え時に問題が起こりました。

午後3時ころ。

私がお迎えで学童に到着すると、その日、引率した指導員のうち一人が、床の扇風機の前で風を受けながら横たわっていました。
どうやら熱中症のようで体がガクガク震えています。
かなり辛そうです。

私は父母会の役員で、労務担当的な仕事もしていたので、ほうってはおけません。

すぐに救急車を呼んだ方がよいと指示を出し、
救急車が到着しました。

別の指導員が救急隊員に状況を説明したりしていましたが、
その間、私はずっとことの成り行きを見守り続けました。

子どもたちは救急車まで来る事態に、どうしたことかと驚いてはいましたが、
別の指導員の指示を受け、奥の部屋に控えて心配そうに様子を伺っています。

ところが、HEROくんは、そんな状況でありながらも、

「早く帰りたい!」
「遅い!いつまで待たせる!」
「Tなんて死んだらいい!」

と怒り狂い続け、思いやりのかけらも見せません。

「ゴメン、今はすぐ帰れないから待っていてね」

と言う私の言葉など、全く耳には入らない様子です。

たしかに倒れていたのは、HEROくんにとって普段それほどお気に入りではない指導員でしたが、
そこまでひどい言葉を投げるのかと悲しくなりました。

夏休みの疲れが出て、お盆あたりから精神状態が悪いHEROくん。
お盆休みの家族旅行で行った箱根旅行もちょっとしたことで、怒りをぶちまけ当り散らすので
つきそっていた私は本人への対応と、周囲への気疲れで疲労困憊し、
まったく楽しめませんでした。
よほど本人に余裕がなくなっていることが予測できます。

救急車はまだ学童から出ていない状況ではありましたが、
あまりに暴言がひどくなる一方だったので、仕方なく、
その後の状況がどうなったかを知らせてほしいと言い残して
その場を去りました。
実質その場を動けなかった時間は20分くらいでしょうか。

HEROくんは、自分の予定していた状況が予想外の展開に陥ると、
それに対応する能力がない上に、
相手の気持ちを考えて我慢することなど全くできないのです。

連日の暑さの中、体力も落ちて、
精神的にも不安定で最悪な時期だったせいだと思いたいですが、
これではいけないと、薬を飲ませることの必要性を痛感しました。

でも、私にとって、一番悲しかったのは、
息子のこうした態度や行動ではなく、
ふだん、息子の様子をよく話していて、
理解してくれてると思っていた友人に
この一件を話したところ、

「それは、わがままだね」と

さらっとコメントされたことでした。

たしかに、何も知らない人からみたら、
わがままにしか見えないでしょう。

けれど、日頃から話を聞いて
理解してくれていると思っていた人でさえ、
こうしたコメントが当然のように出てくること自体が、
どれだけ理解されにくいことなのかと
悲しく感じました。

コメント



認証コード1337

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional