広汎性発達障害, アスペルガー, ADHD, LD, 療育, 教育, 登校しぶり,名古屋

アスペルガー息子の療育記録

記録をつけることの大切さ

記録をつけることの大切さ

私がダイエットをしていた時もそうなのですが、

記録をつけて、変化が目に見えるように記録をつけることは
なにかに取り組んでいる上で、
とても助けになることを実感しています。

HEROくんの記録も、こうして書き溜めていればこそ、
日々変化していないようにも思うほどじれったい成長だけれど、
記録を振り返ってみると、ゆ~っくりゆ~っくり成長しているのがわかります。

私の場合、HPにアップする前に、
忘れないようにポストイットメモに走り書きしていたり、
手帳に書き込んだりしています。

ただ、私の場合、ポストイットメモを、
あちこちに散らばしてしまうので、
これいつのこと?と収集つかなくなりやすいのが難点です。

そこで、あとから見てもわかりやすくする手立てとして、
日付を必ず入れることが重要です。

簡単なことなんですが、意外と日付はつけ忘れます。
習慣にするとよいですね。

子育てセミナーでは、
宿題として、毎月子どもと自分の状態を書き出すことが
課題として出されています。

続けることで、効果が上がるのはよ~くわかっているのですが、
構えてしまいすぎているのか、未提出が続いています。

もう一度、記録の大切さを見直そうと、
自覚の意味も込めて、今日のブログをUPします。

なにか、もう少し、
記録としてまとめやすい方法を工夫してみたいと思います。

記録は大切

コメント



認証コード6405

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional