広汎性発達障害, アスペルガー, ADHD, LD, 療育, 教育, 登校しぶり,名古屋

アスペルガー息子の療育記録

脳は変えられる

脳は変えられる

脳は事故などで損傷しても、残った組織を利用して驚異的な回復を見せるというニュースをテレビでみたことがあります。

そうしたことが起こるのならば、
立派な組織が最初から備わっている脳を持つ人が、
生まれつきの脳機能障害で一生治らないなどと言われたとしても、
正常な機能を手に入れることを
諦める必要は全くないのではないかと
思えないでしょうか?

私はきっと良くなるはずだと信じています。

たしかに、今の時点では、なんらかの理由で脳の機能に不都合があるのかもしれないけれど、
適切な環境を与えれば、脳の状態を変え、
改善していく余地は十分にあると思えるのです。

たとえば脳が正常に機能しない理由として、

◆重金属など体にとって有害となる物質を排出する機能が低く、過剰に蓄積している

◆脳を正常に機能させるために必要な栄養素を過剰に消費して不足してしまう

というようなことが、
体質的に起こしやすいのが原因ならば、

毒素を排出し、不足する栄養素を十分に補えば、
脳機能を高められる可能性はありえることではないでしょうか。

普段からそんな考えをもっている私が、
先日たまたまサイト上で
見つけた記事を以下にご紹介します。

脳神経科医/自然療法医師/メディカル・アドバイザーであるロバートギブソン氏は
「神経には適応性がある」ということから、脳の回復と再構成の可能性についていつも考え、予防や治療を行っています。

彼は、脳の健康のためには、
3つの基本的なライフスタイルを変える
ことから始めるよう述べています。

1)毒性のある物質や合成添加物を避ける(薬物、アルコール、タバコも同様)。

こうした化学物質は、体内や脳内の細胞と反応し、機能異常を引き起こします。こうしたものを長く摂取していると、深刻な障害を受けますが、たいていは体内で起こるため、目には見えません。標準的な健康診断で発見される頃には、深刻な状態になっています。

2)水をきちんと飲みましょう。

必要な量は、その人がどのくらい体を動かすかによって、また気温によって異なります。しかし、水が足りなくなると脳の機能が急激に衰えます。また、体に入った毒物を解毒するためにも、水はたくさん必要です。

3)脳の機能を最適な状態にするために、脳に必要な栄養素を補いましょう。

脳の組織の構築や修復に必要な栄養素、脳内の化学物質である神経伝達物質の原料となる栄養素を補うことが必要です。
(彼はネオセルというサプリメントを勧めています)。

この3つを実行するだけで、より健康な脳と健康な体で過ごせるとのことで、
回復が困難と言われる症状も含め
ADHD、記憶力の問題、痛み、うつ、不安、アルツハイマー病、パーキンソン病、リウマチ、多発性硬化症のような神経障害まで、驚きの結果が出ているようです。

以下に彼の記事を紹介しますので、
是非一度ご覧下さい。

脳は変えることができる

彼の薦めているクエストグループのネオセルという製品ですが、
親子して早速ためしてみることにしました。

使用後の感想については、後日記事にしてアップします。

LDの脳

コメント



認証コード0873

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional