広汎性発達障害, アスペルガー, ADHD, LD, 療育, 教育, 登校しぶり,名古屋

アスペルガー息子の療育記録

お土産は毛ガニだったけど

お土産は毛ガニだったけど

網走出張から帰宅した夫のお土産が毛ガニでした。

つい最近、息子がTVでカニ漁のスペシャル番組を見て、
「カニを食べたい」と言い出したのがきっかけです。

今回、夫が、せっかく、網走に出張だからと
「毛ガニを買ってこよう」と
息子に聞いたのがそもそもの始まり。

息子は「三杯買ってきて」とのリクエストをしました。

実は、毛ガニのシーズンは3月だそうで、
まだ時期には少し早かったのですが、
夫は、網走のスーパーでなんとか毛ガニを見つけました。

私と息子は、夕食は、「カニだ」とばかりに、
毛ガニのさばき方をYouTubeで確認し、
準備万端で楽しみに待ちます。

夫はというと、
大きな発泡スチロールの保冷箱を空輸で持ち帰り、
空港から、家までの在来線の中、
邪魔になる荷物をがんばって運んできてくれたのです。

さて、ようやくのこと到着した
念願の毛ガニをとりだそうと、
保冷箱の周囲のビニールを剥いだところ、
カニの匂いがプーンと広がります。

息子は近くに寄ってきて、
毛ガニの殻のとげを触ったりしていましたが、
突然「クサい!」と鼻をつまみ、逃げ出してしまいました。

それは、いわゆるカニの匂いですが、
魚介ゆえの当たり前の匂いです。

その後、まったく息子がよりつかなくなったため、
私はしかたなくひとりで毛ガニをさばて息子を呼びました。

「一口食べてごらん」

カニみそや、身の部分をそれぞれ少しとっては、
息子の口の前に持って行き、味見させようと試みます。

息子は指で鼻をつまんだまま、
口に入れてもらおうとしましたが、
口がろくに開きません。

唇に少し触れただけでもペッと口から出してしまいました。

いつものことですが、悪い予感は的中です。

息子の場合、
テレビ・写真を見た、本で話を読んだなど、
未知の物事に触れた際、
なにかの心をつかむ断片情報がポンッと中に飛び込むようです。

そして唐突に、
「どうしても体験したい!」と思い込みます。

その判断基準は、
ほんとうにごく一部の側面だけを捉えているので、
全体としてどういうものになりそうか
親がちょっと見て考えても
とても無理だろうと判断できるものも多いです。

そして、それについていくら説明をつくしたところで、
まったく理解をしてくれません。

それは本人のイメージ力の弱さから来ており、
仕方のないことですが、
さらに、思い込みとこだわりの激しいアスペルガーのことですので、
頑として聞き入れません。

結局は、本人の意向に従って、
体験させることも多いのですが、
無理そうだという予想は、
ほとんどの場合が的中です。

実物を目の前にしたとき、
自分の予想できなかった側面が見えると、
とたんにそのものを拒絶するのです。
そして、満足に味わうこともなく、
逃げ出したり、拒否したりします。

定型発達の人であれば、
実際に体験しなくても、
想像で、おおかたの予想ができます。

ですが、自閉っ子の場合、
現実にならないかぎり、
わからない場合が多い。

以前は、

「ほらね、だからいったとおりでしょう!
なんで、ママの言うことを信用しなかったの!」
・・・というような言葉が日常茶飯事で、
何度同じセリフを言ったことか。。。

ですが、
たとえこれを言いたくなるとしても、
本人をいたずらに傷つけるだけで
なにも改善しないことがわかりました。

自分のイメージ力が極端に低いことが
まだ自覚できていないのです。

ですから、
実際体験するまで学ぶことがない

あるいは、
同じ失敗を何度も繰り返してしまう
のです。

おまけに、
それを体験させようと準備してくれた人へ申し訳ないからと
無理してでもあわせようという姿勢は全く持ちません。

いえ、頭では相手が努力してくれたことを
少しはわかっているのかもしれませんが、
だからといって、
無理ができないようなのです。

それは、身体が受け付けないことのようです。

そんな息子ですが、
長い目で見てみれば、
何年もかけて、
少しづつ、
できるようになってきた体験も増え、
確実に成長はしています。

ただ、人より時間がかかるだけ。

カニも、いつか食べるようになるかもしれません。

そのときはきっと、
「昔、カニの匂いがだめだったんだよ」なんて伝えても、

「そんなこと絶対にないよ!」とか言って怒り出しそうです。

とにかく、自閉っ子の子育ては、
お金、手間、時間、そして周囲の理解と根気と寛容
これらが大いに必要となるのは
確かなことなのです。

毛ガニ

    コメント



    認証コード5475

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

    powered by Quick Homepage Maker 4.91
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional