広汎性発達障害, アスペルガー, ADHD, LD, 療育, 教育, 登校しぶり,名古屋

アスペルガー息子の療育記録

母に必要なのは「健・美・笑」ではないかなぁ?

母に必要なのは「健・美・笑」ではないかなぁ?

発達障害の子を育てていく上で、
気をつけなくちゃいけないのは、

周囲の目も、自分の目も
子どもの表面に現れる姿だけを見て、
誤解、勘違い、実情の読み違いなどの
ミスリーディングをしてしまうこと。

これらは全て、本人のみならず、
母親を含めた周囲の人も、
苛立ちを積み重ねる原因になっている。

母親自身、子どもをミスリーディングしたくて
しているのではないものの、
周囲の目は気になるし、
「これでいいのよ!」と胸をはって言い切る自信もなかったりして、
負の連鎖を起こしがち。

そこで

本当にお母さんに必要になってくるのは、
タフな心と自分で判断するのに必要な知識

そしてそれらの土台となるのは、
お母さんが自分を大切にする姿勢かなと思う。

・家族を支えるために必要にして十分な健康
・子供も自分も(そして旦那さんも)見て嬉しくなるような美しさ
・すべてを照らす希望の明るさ

これらを自分の中に育むのって大切ではないでしょうか?

子育てにおいての必死さは決して悪くはないけれど、
うっかりすると視野も狭まるし、
見ている周囲も苦しくしてしまう。

お母さんが自分を輝かせるための知性をつければ、
たいがいのことは笑い飛ばせる余裕が出てくるし、
そんなお母さんがいる子どもはきっと幸せかな~と思います。

自分自身も、そうなろうと意識していますが、
ひとりではなかなか実現しにくいもの。

他のお母さんたちの力も借りて、
一緒にそんな状態になれるよう、
何かできないかな~と、最近、強く思うのです。

花のように

コメント



認証コード6900

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional